お土産の買いすぎに注意!「白い恋人パーク」

白い恋人パーク

引き続き北海道編です。
残念ながら雨降りでしたが、白い恋人パークに行って来ました。

白い恋人パークはその名の通り北海道銘菓の「白い恋人」を販売している石屋製菓のテーマパーク。煉瓦造りのおしゃれな外観の建物と美しく彩られた中庭中庭があり、白い恋人の工場見学のほか、チョコレートの歴史なども学べる展示、キャンディーの実演販売など盛りだくさん。ちなみに雨だったので人気のソフトクリームを食べるのを忘れていました…。

白い恋人パーク 工場見学

白い恋人の工場見学(ファクトリーウォーク)は大人600円、こども(小中学生)は200円、未修園児は無料。1000円で一つスタンプが押してもらえる入館パスポートがもらえますが、施設の性質上そこまで溜めるのはちょっと厳しいような気も。

白い恋人パーク チョコレートの歴史

肝心の工場見学ですが、製造ラインのうちラングドシャークッキーにチョコレートを挟み、個別に包装されるところまでを見学できます。それほど長い工程ではないので、工場見学というよりはチョコレートの歴史や蓄音器ギャラリーなどの展示も含めてのあくまで「ファクトリーウォーク」であると思っておいたほうがよろしいかと。

白い恋人パークからコンサドーレ札幌の練習場を望む

カフェ「チョコレートラウンジ」では道路を挟んでコンサドーレ札幌の練習グラウンドが見えます。ちょうど練習が始まるりからくり時計も動き出すというラッキーなタイミングで入店しました。

白い恋人パーク カラフルなキャンディー

さて、お土産フロアはかなりの充実ぶりですが、なかでもキャンディーは実演もあり試食もあり、カラフルでとても楽しげな雰囲気です。しかも美味しい。なかなかいいお値段ですが、とにかくかわいいキャンディーが多いので、お土産には最適だと思います。

【公式】白い恋人パーク

ページの最初へ